害虫を呼ばない対策|もう怖くない!南京虫駆除をして繁殖の拡大をストップさせよう

害虫駆除をする前に家で出来る対策について

害虫を呼ばない対策

一軒家

水回りは清潔に保つこと

害虫は、水回りを好みます。特にキッチン周辺は棲み処になります。害虫は食べ残しを好むからです。生活の中で、キッチンは毎日使うので清潔にしてください。トイレやお風呂場は、湿気が溜まりやすいので換気扇は必ず行うようにしましょう。また、排水溝はつまらないように綺麗にすることが大事です。

外から寄せ付けない

玄関はドアが開いていると知らぬ間に、害虫が入ってきます。網戸やカーテンを取り付けましょう。その時に、害虫を寄せ付けないスプレーをすると侵入防止になります。網目のメンテナンスも定期的に行ってください。害虫は小さいのでほつれから侵入してくる場合もあります。

害虫駆除の申し込みから駆除の流れ

業者選びをしてお問合せしてみる

害虫駆除を行っている業者はたくさんあるので、比較しながら自分にあった業者を選びましょう。業者が決定したら、どのような害虫か発生の場所、部屋の間取りを伝えます。ご都合の良い日程を決め、現地調査に入ります。その時に害虫の種類、見積もりをヒアリングしながら行っていきます。

契約までにすること

ヒアリングした現地調査をもとに正確な価格を提示します。お客様の納得頂いた害虫駆除で納得していただけましたらご契約となります。質問があれば納得いくまでご相談ください。

駆除開始です

お客様と害虫駆除を行う日程を設定します。その日は、駆除作業に入るので、出来るだけ広いところで行います。ベランダやお庭で作業しますが、住宅環境に合わせ行いますので安心してお任せください。作業時間は、害虫の種類や被害の大きさにも異なりますが約1時間から3時間程度になります。

駆除終了後

害虫駆除が終了したら、お客様と一緒にどのような害虫が発生したか、作業内容など報告書を提出します。その後に、今後害虫が発生しない為に害虫予防や対策のお話とお支払いになります。害虫駆除の後は、1か月後を目安に害虫が発生していないかお電話で確認致します。

小さな赤ちゃんを守るために必要な害虫除けグッズ

no.1

露出する部分を隠せます

レッグウォーマーやカバーオールが、1位。夏の暑い時は、半そでや短パンが多いので露出する部分が増えます。長袖だと暑がるので、脱ぎやすいレッグウォーマーやカバーオールで害虫の被害にあうのを防止しましょう。

no.2

サッと羽織れて便利です

2位は、カーディガン。外出先で薄手のカーディガンがあると1枚あると便利です。害虫よけや紫外線冷え対策もできるので、お子さんを守るためにお母さんは鞄に入れておきましょう。夏の季節は、紫外線カットができるカーディガンが良く、冬の季節は、寒さ対策も出来る厚手のカーディガンにしましょう。

no.3

怪我から守る赤ちゃんを守るもの

3位の紫外線から守る帽子は、小さな赤ちゃんには必需品です。風で飛ばされないように、ゴム付きタイプの帽子や首もとをカバーできる帽子もあります。お洒落な帽子が多いので、赤ちやんの頭の形にあった帽子を選んでください。

no.4

寝てる時の汗対策にも使えます

4位は、便利なガーゼタイプのスリーパー。小さな赤ちゃんは寝る時も汗をかくことが多いです。汗をかくと虫をよせつけてしまうので、肌ざわりが良いガーゼタイプのスリーパーがおすすめです。冷え対策にもおすすめでしょう。

no.5

つの付きウエアが可愛い

アウトドアの場合は、害虫よけに便利な軽くて通気性が良いウエアがお母さんたちに人気です。今人気のウエアは帽子部分につのが付いているタイプになります。

広告募集中