南京虫を退治|もう怖くない!南京虫駆除をして繁殖の拡大をストップさせよう

暗い隙間が大好き!完璧に行う南京虫駆除の方法

虫が嫌いな人注目するべき退治道具

一人暮らしの方は、もし害虫が発生した時は、一人で駆除しなければなりません。南京虫駆除の場合は、プロの業者へ任せるのが一番ですが、ゴキブリやクモなどが出た場合にすぐに対応できる道具があれば心強いです。そこで、虫嫌いな人が持っていると便利な道具をランキングにしました!

虫と戦う便利な道具ランキング

no.1

シュッとひと吹きで退治

一番人気があっという間に虫を退治する冷却殺虫スプレーです。動いている虫を凍らせるというシンプルなスプレーです。臭いがないので、ベタつくこともありません。ただ、床の上で至近距離でスプレーをしてしまうと、床の素材によっては色が変わったりしますので注意してください。

no.2

コロコロは便利です

部屋掃除でも便利な粘茶カーペットクリーナーです。高い棒がついていれば、天井にいるクモなど一発で仕留められます。もし天井から落ちても、コロコロで付着するので安心です。貼り付いた南京虫の生息を確認できるのもおすすめです。

no.3

直接虫を触らなくてよい

虫を仕留めた後は、形はそのまま残ります。直接触るのが嫌な人は、トングがおすすめです。大きいトングなら動いていても簡単に使用できます。長いトングもあるので、近距離で虫をみたくない人に向いているでしょう。小さな虫は、狭い隙間にすばやく動いて逃げることが多いので、長いトングがあれば、狭い場所でも虫を挟むことが出来ます。捕まえたら袋へ入れて処分しましょう。

no.4

キッチンに置いてあるもの

もし台所にゴキブリが発生した時にでもすぐに対応できるものが、アルコール洗剤です。虫の体には、穴がたくさんあります。アルコール洗剤をかければ、体に覆われいる油が流されて、穴が塞がり呼吸困難になり動けなくなるので、即効性があるでしょう。また洗剤には、脂肪酸系、アルコール系、直鎖アルキルベンゼン系がありどのタイプを使っても効果が期待できます。アルコール洗剤を上手に使えば簡単に退治できるんです。

no.5

柑橘系が効き目アリ

意外にも害虫には、アロマオイルがおすすめです。アロマオイルは人にはリラックス効果がありますが、害虫は嫌いな香りです。アロマオイルの精油に苦手とする匂いを放つので、網戸にスプレーをして室内に入れないようにしましょう。また、害虫が出そうな場所でアロマオイルを焚くのも効果的です。ただ、火を使うタイプは危険なのでコンセントに差し込むタイプがおすすめでしょう。

南京虫を退治

南京虫

人にはどのような害があるでしょう

南京虫は、人の皮膚を刺す有害害虫です。血を吸う吸血性昆虫で、特に枕やマットレスの後ろに潜んでいます。南京虫が発生していることに気づかないと非常に危険です。主に寝ている時に、刺されていることが多く、朝起きたら赤く腫れてることもあります。人によっては、痒みが治まらないこともあるので、病院へ行き診断してもらいましょう。

被害のあった場所はすぐに調査し駆除をしましょう

南京虫は、被害のあった場所に潜伏していることが多いです。まず最初は、どこに生息してるか調べてみましょう。南京虫のカビのように見える排泄物などがあれば、その周辺が生息場所になります。害虫が広がる前にプロの業者にお願いして南京虫駆除をしてもらいましょう。そうすれば、害虫に悩むこともなくなりますよ。

広告募集中