増加している南京虫とは?南京虫駆除方法を理解しよう

新着情報

ゴキブリ駆除対策をしっかり行いましょう

部屋を綺麗にしていても急に現れるゴキブリで悲鳴を上げる人も多いでしょう。マンションの最上階に住んでいるのにゴキブリが出てきたり、玄関先を閉めてるのにも関わらず侵入してきたり、一体どこから出てくるのでしょうか。部屋でゴキブリと対面しない為にもゴキブリ駆除や対策を行いましょう。

ゴキブリを寄せ付けない対策・駆除ランキング

no.1

アロマディフューザーが一番簡単

ポットにゴキブリが嫌いなオイルを使って芳香させるだけなので、とても簡単です。そのため、1位となりました。ゴキブリが苦手な臭いは、ミントやローズマリー、クローブです。殺虫剤スプレーは匂いが残るから苦手という人も多く、日頃からアロマオイルを使っている人はこの方法でゴキブリ対策をしています。小さな子供がいる家庭では電気式タイプもあるのでおすすめです。

no.2

アロマが入ったスプレーをひと吹きかける

ゴキブリが嫌いなアロマオイルスプレーを用意し、キッチンやお風呂場にシュッシュッとかけておく方法が2位。このスプレーの作り方は簡単です。水と無水エタノールとゴキブリが嫌いなアロマオイルを混ぜて出来上がりです。調整しながら作ってください。部屋に吹きかければリフレッシュできてゴキブリ対策してる気にもなりません。

no.3

安くて使いやすい

安くて簡単に対策できるのが、重曹を使った方法。重曹は、スーパーなどで手に入り安い値段で購入でき、食品にも使われています。そのため、子供がいる家庭でよく使用されているのです。使い方は、ゴキブリが発生しやすい場所に重曹を撒きます。ゴキブリが餌と思い食べてしまいその場で退治するという方法です。さらに、重曹と砂糖を混ぜて使うとより効果があります。外国では一般的に使わているようで日本でも広がりつつあります。

no.4

隙間を埋め尽くす

3位は、侵入を防止する方法。ホームセンターで隙間テープが売っているので、排水溝のまわりや壁と壁の間の隙間など、テープで埋めます。長さもあるので、広範囲で使えます。ゴキブリの出入り口を塞げば、侵入してくることもありません。貼りたいところにすぐに貼れるので、長さを調整できて女性でも簡単に対策できます。

no.5

段ボールはすぐに片づける

繁殖する空間を作らない方法が5位になっています。保温性があって暖かい段ボールは、ゴキブリの卵を産むのに最高な場所です。よく段ボールの下にゴキブリが隠れているこもあります。このような段ボールに卵を貼り付けている場合があるので、注意して確認をしてください。また、段ボールは集めずにすぐに処理をするのが大事です。ゴミ収集車へすぐに引き渡しましょう。

南京虫とサヨナラしましょう

ゴキブリの他にも厄介な虫は存在します。その中で問題になるのが、南京虫。もし、家の中に南京虫が発生した場合は枕やマットレスで発生してる場合があるので、睡眠に支障がでることが考えられます。発生すると、プロの業者へ駆除の依頼をするのが良いですが、南京虫が広がる前に一度自分で対策をしてみましょう。

南京虫が発生!広がる前に駆除しよう

掃除機を使った南京虫駆除方法

上記で紹介した通り、南京虫はよく枕やマットレスに発生します。卵も産みつけていることがあるので、まずは掃除機で吸引しましょう。ただ吸引だけでは、駆除できていません。掃除機の中のゴミパックにまだ卵がある状態です。ですから、部屋の中で捨てず、袋で密閉してすぐに破棄しましょう。

熱いお湯で洗濯すること

南京虫は、洋服についてる場合もあります。捨てるのが良いですが、全部捨てるのが難しい場合もあるので、60度以上のお湯で綺麗に洗いましょう。お湯には10分以上付けなければ効果がありません。バケツに熱湯を入れて、そこへ服を入れてサランラップをかけておくのも効果的ですよ。

トラップをしかける

この方法は物理的な方法ですが、南京虫はツルツルとした場所は這い上がることができません。登ってこられないように、椅子やベットの足の部分にビニールなどを張り付けておくといいでしょう。また、南京虫が入れないツルツル素材の枕やシーツなどがあるので、変えてみるのも予防になります。

やっぱり便りになる殺虫剤

南京虫駆除は、霧吹きタイプの殺虫剤がすぐに使えます。南京虫に直接吹きかけるタイプと南京虫が生息していそうな場所へ吹きかけるタイプがあります。ただ、人が触れる寝具にスプレーはよくないので、注意しながら後始末はしてください。

害虫の恐ろしさ

害虫駆除

ビルの害虫について

害虫は、食べ物のある場所ならどこでにも入ってきます。飲食店、病院、学校といった施設に飲食できる箇所があるので、見えないところに潜んでいます。特にビルに侵入してくる害虫はハエ、ゴキブリ、ネズミで夜は人が居なくなるので害虫にとっては住みごこちが最適です。そのため、予防はもちろん、定期的に害虫がいないか調査をする必要があります。

ビルは半年に害虫生息調査を行う

半年に一度、ビル管理法によって害虫生息調査があります。床面積が3000平方メートルのビルは必ず行います。害虫が出てしまうと飲食店は営業が出来なかったり、食中毒の原因になったりと会社の評判も悪くなってしまいます。害虫がでたら、速やかに専門業者へ害虫駆除の依頼を行います。

広告募集中